INTERVIEW

01 02 EXTRA

02
決戦前夜っていうモノに置き換わった

–では、それぞれの曲について話を聞かせてください。まずは冒頭を飾り、新たな始まりを感じさせる「Daylight」です。最近のカラーからすると、ちょっとした驚きがあるというか。めずらしくストレートなノリがあって。

チフネ
そう言ってもらえるとホッとします。聴いた人やドウメンもそう言うんだけど、ちょっと新しいんですよね、この曲。要所のリズムや展開の仕方だったりがオレら的にはちょっと新鮮で。

–この曲に限らず、「大サビがありそうだな」や「もうちょっと展開に凝りそうだな」という予想を覆す内容になってるなとも感じました。

チフネ
あぁ、そこが気に入ってるんですよ! ただ、当初「Daylight」はアルバムの締めくくりの曲として収録しようと考えてたんですけど。

–作品の幕開けに対して、どんなイメージを描いてましたか?

チフネ
このインタビューで話してきたことそのままというか。新たなPUNK ROCKの幕開けらしく、「1、2、3、4!」で始めようと思ってたんです。今のHOTSQUALLが描こうとしてるライヴの景色が数秒で伝わるように。つまり、結果締めくくりの曲になった「Let’s Get It On」で始まって、この「Daylight」で締めくくる。ただ、曲が出揃ったとき、制作に携わってくれたすべての人間が「Daylight」が1曲目にふさわしいと思うという意見をくれて。
アカマ
それも迷わずね。
チフネ
オレたちとしては最後の曲かなと感じてたけど。

–メンバーとまわりのスタッフで意見が異なったという。

チフネ
ただ、ドウメンだけは「Daylight」を推していきたいと言ってたよね。
ドウメン
オレも最初は「Let’s Get It On」で始まって、「Daylight」で終わるのが最初のコンセプトのイメージに合ってると思ってたんですよ。でも、チフネ氏が早い段階で「「Daylight」を1曲目に持ってくるのも熱いんだけどね」って、言ってるのを聞いてて「あれ……ていうか、めっちゃアリ。これでいきたい!」って思ってましたよ。
チフネ
これは、当初のコンセプトに執着するかどうかってとこで。オレはマスタリング当日まで悩んだけど、最終的にはみんなに背中を押してもらった感じで「Daylight」を1曲目にしました。

–「Daylight」は、これまでのHOTSQUALLの作品の流れからグラデーションを描いて到達した曲な気がします。だから、扉としては凄くいいんじゃないかと。

チフネ
あ~、そう捉えてもらえるならバッチリ! 嬉しいですね。

–サウンド感としても馴染みやすいし、クライマックスにはHOTSQUALLの王道とも言える日本語詞がありますしね。

チフネ
日本語詞に関しては、オケも撮り終わって歌録りの前日に、ふと「この場面で日本語の語感でメロと歌詞を伝えられたら感動が増すんじゃないかな?」と思い立って、急遽夜通しで書いたんですよ。

–また、歌詞も真摯に前を向く内容になってますよね。

アカマ
これはオレ的にモチーフにしたモノがあって、ある特攻隊を題材にした小説なんです。チフネが歌詞をある程度書いて見せてくれたとき、「小説から感じた、決意を固めることの神々しさを加えたい」って話をして。
チフネ
最初は、”同じ時間を過ごして夜明けまで語り合った仲間たちが、再会を誓ってそれぞれの人生へと旅立っていく”みたいなイメージだったんです。でも、少し気持ち的に柔らかくて物足りないかもっていうのがあって。アカマからその話を聞いて、「なぜこの夜に語り合うのか?」、「みんなそれぞれの決戦前夜、覚悟を決めて勝負を賭ける」みたいな強い気持ちが加わったことで、感情と熱が乗って完成しましたね。

速かろうが遅かろうが、そこに熱量がないと魅力的じゃない

–そして、「Just Be Alright」。作品のタイトルと同じ単語もありますし、目につく曲だと思います。

チフネ
「どれだけ”be alright”って言うんだよ」っていう(笑)、シンプルの極みな曲ですね。仮歌の段階からハマってた言葉をそのまま使って。
ドウメン
早い段階でコーラスも「これだよね!」って決まってたしね。

–HOTSQUALLらしいメロディーの動きに展開だなと。

アカマ
まさにそうですね。らしさ全開って感じですよね。
チフネ
制作に苦戦もせず、すぐ形になった曲ってみんなが気に入ってくれる事が多いし楽しみです。

–「With The Burning Heart」は限定シングル『WITH THE BURNING HEART』に収録したこともあって、すでにライヴの定番になってますよね。

チフネ
なってきましたね。すでにオレらも超自信を持ってできますもん(笑)。個人的には、アルバムがリリースされたらライヴで「Rock soldiers never die」級のパワーを放つ曲になるんじゃないかと期待してます。
アカマ
今現在のオレたちの気持ちが乗りに乗ってて、今のオレらのライヴに凄く合ってる曲だと思います。

–改めて、アルバムの先駆けとなった限定シングル『WITH THE BURNING HEART』の表題曲にした理由は何だったんですか?

チフネ
いちばん最初に初期衝動を思わせてくれる感覚の曲調だったからかな。2ndフルアルバム『BACKBEAT』の頃にちょっと戻ったかのような。厳密に言うと、戻ってはないんですけどね。当時じゃ使いこなせなかったコード進行を使ってたりとかするし。ただ、感覚としては3rdフルアルバム『Driving Squall』より前なところがあって。爽やかにバーンっと始まって、勢いに乗って沸点のまま終わる。オレたちがやってきたド真ん中なんじゃないかなって。あと、この曲も日本語詞を入れてみたらどうかなとか考えてたんですけど、どうやってもダサかったんで止めました(笑)。やっぱ日本語ってノる曲とノらない曲があって。そこを見極められないと自分的には全然ダメなモノになってしまうし。

–今回、全体で考えると日本語詞の割合って少ないですよね?

チフネ
あれ、そうですかね? 1stフルアルバム『YURIAH』や『BACKBEAT』のころよりも多くて、う~ん、『Driving Squall』と同じぐらいかなっていう印象でしたけど。

–日本語詞がある曲を数えると……「Daylight」、「Calling」、「In The Summer Night」、「Like A Rolling Stone Blues」、「Rockin’ Teens」の5曲。あっ、意外とありますね。

ドウメン
1曲の中で日本語詞が多くを占める曲がそんなにないから、そう感じるのかもしれないですね。

–想像としては、もっと日本語詞を前面に出す曲があるのかなと思ってましたけど、そのあたりは?

チフネ
まぁ、前作となる『Bliever’s Hi』からの流れもあるので……そう思われるのかなと、なんとなく頭にはありましたけど。でも、「とにかくライヴでやって楽しい曲」という作品のコンセプトが決まって、「これはどっちがノリ良くできるかな?」という風に制作していったら、たまたま英語が多くなっただけっていう。そこをあまり狙って深く考えちゃったら小手先のモノになるし、寒いと思ってるんで(笑)。
アカマ
あと、他の曲もそうなんですけど、今回はもはや日本語として伝わるような英語というか、日本人でも簡単に理解できる英語が多いのかなと思ってて。それもあって、たとえ日本語じゃなくても、気持ち込めて歌えば、より強く伝えられるはずだと。

–冒頭から勢いのある曲が続き、ここで聴かせる「Calling」が入ってきました。

チフネ
この曲、メロディーだけはちょっと前からあって。でも、曲に対するリズムのやっつけ方とサビのメロがもうひとつピンときてなくて、日の目を見なかった感じでした。オレらも多少は経験を積んで成長したから仕上げられた曲だと思います。

–流れとして、いい緩急があるなと。

アカマ
欲しくなっちゃうんですよね、オレらとしても。勢いだけってなっちゃうと、それはそれで3人ともちょっとつまらなくなる部分があって。
チフネ
素直に、こういうメロディアスな雰囲気も大好きなので。

–熱量で覆い尽くすような曲と、こういう語りかけるような曲って、出てくるメッセージは違います?

チフネ
大幅にはズレないですかね。オレの中では、まず最初にメロディーが持ってるエモさみたいなものがあるので、結局そこに歌詞を寄り添わせるし。

–あ~、なるほど。歌い手として、アカマさんは何か気をつけることはありますか?

アカマ
今回、いい旋律をいわゆるいい声で上手に歌おうっていう意識はほとんどなくて。そういう風にも歌えた方がいいのかもと考えてた時期もありましたけど、オレが歌う以上、どんな曲でも、速かろうが遅かろうが、そこに熱量がないと魅力的じゃないだろうってのは確信してるので。

–「Calling」に関してはどう考えました?

アカマ
とにかく、美しいメロディーで肌触りがいいから、無理せず、そのテンションに合わせようと。「しっとり歌わなくちゃいけない」とかじゃなく、自然と曲の持ってるオーラにニュアンスを合わせていくような感覚ですね。ただ、今までだったらできなかったかも。やっぱり不器用なので、考えてやろうと思ってもできないし。

–そこから一変して、「In The Summer Night」はもうゴキゲンなメロディックパーティーチューンですね。

チフネ
これ、HOTSQUALL史上、最速の曲になっちゃいました。
アカマ
そのせいか突き抜けた曲になったし、手応えも良くて。この曲、20歳前後の青春感に溢れてるじゃないですか。それをオレたちが今やるっていうのが良くて(笑)。
一同
ハハハハ(笑)。

–アイデアとしては昔からあったんですか?

チフネ
そうですね。もう、シンプルにオレらの思うメロコアってイメージだったので。で、今だったらもっと速くできるから「もうこの勢いでやっちまおう!」みたいな。

–ちなみに、秋が深まる時期にこのフルアルバムはリリースですが、季節感は意識しました?

チフネ
この曲は夏真っ盛りに聴くというより、夏の夜を思い出しながら、というのがハマると思ってるので……という半分言い訳(笑)。
一同
ハハハハ(笑)。

HOTSQUALLとして表現するとポジティブなモノに変換できる

–小粋なロックンロールな「Like A Rolling Stone Blues」ですが、スタンダードすぎる言葉をタイトルへ持ってきたことにまず驚きました。

チフネ
タイトルは狙ってやりました。あえて「これをダサいっていうのがダサい」ってくらいに開き直って(笑)。

–毎作品、ロックンロールナンバーは収録してますけど、また新しいパターンの曲ですよね。

チフネ
ですね。メロディーがまずあって、雰囲気もあるのでめっちゃ気に入ってたんですけど、何だか仕上がりきらなくて。2ビートでも8ビートでもハマる。ただ、どうも決め手に欠けると思って悩んでて。そんなとき、珍しくドウメンが「ちょっと跳ねる感じにしたらどう?」ってアイデアをくれて。いつもはほとんど協力してくれないのに(笑)。
一同
ハハハハ(笑)。
ドウメン
もともと、こういう跳ねる曲をやりたいと思ってたんですよね。で、それをなんとなく伝えてみたら、「このメロに跳ねるリズム、ハマるじゃん!」って。
チフネ
それもあって、凄く際立った曲になったかなと。グッと前へ出てくる曲じゃないのかもしれないけど、この曲の持つ体温とオリジナルの雰囲気は妙な懐かしさもあって、個人的にはかなり好み。

–今までのロックンロールナンバーって、チャンネルが切り替わる印象があったんです。「ここからロックンロールの時間だぜ!」みたいな。でも、この曲ってライヴの流れの中でやれるというか、繋ぐ役割も果たせる気がして。

チフネ
あ~、わかります。攻め攻めで続いた後だったり、ゆったりした曲の後だったり。ライヴでいいポジションでハマってくれそうですね。

–『WITH THE BURNING HEART』にも収録した「Rockin’ Teens」は、まさにバンドの初期衝動を記した曲ですね。

チフネ
好きって言ってくれる人も多くて。ライヴでもすでに湧く空気を感じてます。近年、メロディックシーンが落ち着いて、ちょっと飽和してる感じも感じてて。いろんなサウンドやジャンルも入り乱れて、ラウドやシティポップとか、日本語詞のロックもすごい盛り上がってるし。でも、それでも根強くやってるメロコアバンドはやっぱり強くて、変わらず英語詞で勝負してるバンドも多い。そんな中、Hi-STANDARDも本格的に動き出して、「さて、改めてオレたちはどう表現すっかな」ってなってたとき、この曲が生まれたんです。昔から変わらず好きなオールディーズなロックンロールとメロディックパンクをシンプルに落とし込む。そうしたら、お客さんやまわりの反響が良くて、「コレでいいんだ!」と思えたし。
アカマ
確かにそういうキッカケになった曲かもしれないね。イントロも印象的で凄く気に入ってるし、勢いもめっちゃある。そういう意味では歌詞もモロだしね。

–細かいフレーズにしてもプレイにしても、メンバーそれぞれのいいところが詰まってるなと思いました。

チフネ
なるほど。オレららしかったのかもしれませんね、もはやニーズとか時代云々とかじゃなくて(笑)。

–勢いで言えば、続く「No Fun」も攻めてますよね。

チフネ
これは……もうこれでしかないよね(笑)。
アカマ
ホント、ただこれがやりたかった(笑)。

–PUNK ROCKだけど、もっと言えばガレージロックみたいなニュアンスがあって。今回は初期衝動に立ち返ったような作品ですけど、そういった要素もあったんですね。

チフネ
う~ん、結果ありましたね。いづれかにどっぷりハマってたというより、若いころってジャンルとかもよく分からずアレもコレもまとめて聴いてたから。だから、この曲はガレージロックっていうのが近いのかもしれないけど、オレたちの中だと「全部引っくるめてロックンロール!」みたいな。
アカマ
こういうテイストも思う存分歌ってみたかった。曲の発端としては、オレがめずらしくフラストレーションを抱えてた時期があって。いつもはすぐ忘れちゃうんですけど、なんかずっと残ってて。それが悔しかったから、「だったら、曲にしてやれ!」と。ただ、それをそのまま愚痴っぽく吐き出すのは違うし嫌だった。でも、そこでHOTSQUALLとして3人で表現するとポジティブなパワーに変換することができたんです。自分自身もこの曲で救われた気持ちにもなったし、そういう化学反応を起こせるってやっぱ凄いし、バンドっていいなと改めて思いましたね。

–そして、「Revenge Of The Honey Bee」について。

チフネ
実はこの曲はすっげえ昔からあるんですよ。いつか復活できたら熱いとは思ってて。

–ライヴで聴いた記憶もないんですけど、いつぐらいから?

チフネ
え~と、デモCDすら作る前だし、「YURIAH」よりもずっと古い曲(笑)。
アカマ
そう、ミツバチ感ありますよね(笑)。
一同
ハハハハ(笑)。
チフネ
結成当初のあの頃はアレンジに対するアイデアなんかほぼないから、そのままメロディックな感じでやってたよね。でも、今回アレンジし直すときに軽くスカっぽくしてみたら、素朴すぎるところが一気に解決して。

–当時とメロディーや歌詞は一緒ですか?

チフネ
メロディーは8割ぐらいそのままです。歌詞はテキトーだったので書き直しました。曲名も当時は「Honey Bee」だったんですけど、今こうして復活してやるんだから「Revenge Of The Honey Bee」かなと(笑)。いろいろ経てきて、こういう思いもあるし。

–昔からある曲ということですと、「Nice Day Sunshine」もそうですよね。

ドウメン
ですね。ここ10年ぐらい当然ライヴでもやってないですけど。

–そんなにやってないんですか? 最初、別の曲かと思ったんですけど、聴き覚えのあるメロディーだったので。

アカマ
よく憶えてましたね(笑)。
チフネ
2ndデモCDに入れてる曲です。今になって聴くと演奏はひどいけど、なんか忘れられない曲で。オレらの根っこっぽいというか。で、リメイクしようと。”ハッピー”というキーワードにも合ってるし。

–歌詞はかなり変わりましたよね。

チフネ
はい、当時のだから文法とかもめちゃめちゃなんで(笑)、そこは整えました。ただ、内容としてはそんなに変わらないですね。

–昔の曲を磨き直す作業はどうでした?

チフネ
楽しかったですね。気恥ずかしさもあるんだけど、それも含めて楽しい。今聴くと「なんだ、このアレンジ? どっから出てきたんだ!?」とか言い合いながらね(笑)。
一同
ハハハハ(笑)。

本気の気持ちが声に乗って前に出れば言葉なんて関係ない

–その流れを一変するかのような「Black Paradise」が続きます。ここまでシリアスなアプローチって、過去になかったですよね。

チフネ
あぁ、そうですね。ここまでマイナーっぽく押したのは無かったのかな。ただ、実はこれも20歳そこそこのときに作った曲が原型なんですよ。いいところは残して、Bメロを加えてサビのメロを納得いくまで練って。
アカマ
若さと老獪さが合わさったかもね。でも、曲の持つ独特すぎる雰囲気は当時のままですよ。

–となると、バンドとして新しいニュアンスにチャレンジした感じもなく。

チフネ
挑戦感は無いわけじゃないけど、特別に新鮮っていうわけでもなく。これまでもこういう歌謡曲を匂わす要素はあったと思うし。ただ、そのクオリティは追求したかな。雰囲気だけで終わっちゃうと面白くないから、ちゃんとお客さんと一緒に楽しめるポイントもできたと思うので。

–印象的なギターのイントロですけど、これも昔から?

チフネ
当時からそうです。弾けてなかったけど(笑)。
ドウメン
やっぱり、オレも「イントロはこれが無いとイヤだ」って伝えました。最後のちょっとした遊びもそうだし、ギターソロも違うパターンを試したりしてましたけど、結局はほぼ昔のままに戻してくれて良かったです(笑)。

–理屈抜きの、若い衝動的で気持ち全開のフレーズって痛快ですからね。

チフネ
確かに。小手先じゃ勝てない(笑)。ちょっと弾けるようになったからとか、こっちの方が理論的に正しそうだとか、それじゃどうもパンチが出せなくて。そういうとき音楽って面白いなって感じますよ。おかげでシリアスながら面白い曲になりました。

–「Shining One」は『WITH THE BURNING HEART』にも収録されました。

チフネ
この曲は「With The Burning Heart」や「Rockin’ Teens」のキャッチーさに比べて、一歩踏み込んで聴いてもらって伝わる良さがあるのかな。雰囲気やキメやリズムの使い方も新鮮で、メロディーもこれまたオリジナリティーがあると思ってて。
アカマ
歌詞が持つ世界観とメロディーとアレンジが凄くマッチしてると思うんです。うん、是非歌詞を読みながら聴いて欲しいなと。

–HOTSQUALLには「LIKE THE STAR」という代表曲がある中で、この曲のサビで”Like a shining star”と出てきます。このあたりは気になりませんでしたか?

チフネ
確かにそれは考えました。”star”に代わる言葉が他に無いかなって探したりもしたし。でも、そこが表現したいとこだったので、変えるのは違うし、「LIKE THE STAR」とは歌いたい内容も違うから。

–フルアルバムの中で支える位置にいる曲だと思います。曲調としてもバランスとしても、わかりやすい入り口が「Daylight」だとすれば、この曲はその裏側にいるような。

チフネ
なるほど~。ラストというのも違うし、中盤の明るい曲に挟まるのもしっくりこないから、ここに収まったんですけど、結果どっしりハマりましたね。

–また、「Voice」ぐらい優しく語りかけるような曲もこれまではなかったですよね。

チフネ
これもメロディーがあって、それをシンプルにロックバラードとしてやりたいと思って。オレら的には新しいチャレンジだったんですけど、そこまで悩むこともなく。

–テンポ感もすんなりと?

チフネ
いや、そこはいろいろと試してみて。結果、素直に始まって素直に終わるという形で、自分の中で折り合いがつきました。

–この曲は声に着目されてるわけですが、声と歌、どのような違いがあると考えてますか?

チフネ
個人的に最近、声って深いなって思ってて。声には凄いパワーがあるというか。歌が上手いっていうさらに向こう側に、声がいいというのがあるんじゃないかと。
アカマ
例えば、メロディーを度外視した歌だったとしても、本気で気持ちが込められてる声そのものが伝わってくるとシビれてしまうんです。
チフネ
それこそ「あの声が聴きたい!」っていうバンドとかヴォーカリストっているでしょ。歌が上手い人ってたくさんいるんでしょうけど、本当の意味で声で魅了させちゃう人って凄いよなって。

–もしかすると、究極の曲となったとき、歌詞が無いモノだったりするんですかね。B-DASHのめちゃくちゃ語やSuperflyの「Ah」だったり、メロディーと声だけで成立された曲みたく。

アカマ
そこは確かに。だから、オレらも主に英語でやってる部分もあるんだろうし。言葉の意味がわからなくても「そうなのかもしれない」って伝わるような、本気の気持ちが声に乗って前に出れば言葉なんて関係ないっていう。

–意味を越えて感情を伝えるのは声だと。

チフネ
まず、声自体にパワーや説得力があるっていうことに憧れや魅力を感じてるんでしょうね。目に見えないモノだからこそ。

–締めくくりとなるのは「Let’s Get It On」です。勢いと熱が満載で、フルアルバムを聴き終えると、ライヴへ駆け出したくなりますね。

チフネ
嬉しいです! それ以上でもそれ以下でもなくて。ライヴでやって育てまくりたい曲。

–しかしながら、”Hey ho!!”っていうフレーズもなかなか使えないですよね。

アカマ
今のHOTSQUALLがしたいライヴに凄く合ってると思ってますよ。
チフネ
ハッピーなPUNK、目指してますからね。憧れがあって好きで使う、それでいいじゃんっていう。
アカマ
まさにそれ!ハッピーなPUNK ROCK!

–こういったアゲアゲなパンクロックってショートチューンでもいいんでしょうけど、ちゃんとらしい展開があるのも良かったと感じました。

アカマ
どシンプルなんだけど、核となるメロディーがやっぱり凄くいいから。飽きないで何度も聴きたくなるし、歌いたくなるし、踊りだしたくなる曲だと思いますね。

「ライヴやべぇ!楽しかった!」って言わせまくってみんなでハッピーになりまくりたい(笑)。

–それぞれの曲について話していただきましたが、HOTSQUALLの新しい歴史が始まるような1枚になってますね。

チフネ
嬉しいですね。自然と今後のイメージも湧いてきちゃいますね。

–リリースツアーもかなりの本数だと聞きました。

ドウメン
年内分が18本。年明けもすぐツアーが始まって、全部で40本近くになる予定です。

–北海道も3ヶ所が発表されてますし、かなり広範囲で回りそうですね。

アカマ
ですね。バンドのムードがどんどん高まってるので、そういう思い切りも良くなっちゃいましたね(笑)。
チフネ
やっぱり、本音は待っててくれる人のところへはできるだけ行きたいです。特に今回はアルバムだし、できるだけ各地へ会いに行きたくて。

–普段であれば、新曲が多くを占めるツアーは気負いもあるんでしょうけど、今回はそういったことは無さそうですよね。

チフネ
確かに。すでにいろいろと開き直ってるし(笑)、とにかくライヴでやるのが楽しみな曲ばかりだし。どう表現したら伝わるかを悩む必要はほとんど無いかもな。

–難しく考えて、アプローチを試行錯誤したら、それこそこのフルアルバムが台無しになるような。

ドウメン
そうですね!
アカマ
いつもそうなんだけど、今回は格別にワクワクしてますよ。
チフネ
今、オレらが目指してる、楽しむことにパワー全開すぎて、泣くほど感情が溢れ出して、その先で究極にハッピーになっちゃうっていうライヴ。そこに到達するのを加速させてくれる曲たちだと思うし、さらに熱も高まるんじゃないかなって期待してます。ツアーの先々で「ライヴやべぇ! 楽しかった!」って言わせまくってみんなでハッピーになりまくりたい(笑)。

–そのときの100%を超えるライヴを繰り返していくと。

アカマ
まさに、ホントにそれ! 長くバンドやってきた今だからこそ、絶対そうあるべきですね。その結果、魂の込もった熱量が生み出す渦をどんどんデカくしていって、HOTSQUALLのライヴの究極を目指したいですね。

-END-

01 02 EXTRA

HOTSQUALL
"ALRIGHT"
SPECIAL SITE